banner

地理環境

文字サイズ
人気:169
埔里は台湾の中心に位置されており、南投県に属されて、県境の北部の一部を占めています。地形上では、四方は山に囲まれることにより盆地地形になっていると同時に濁水渓と北港渓の間の盆地群の中に位置が一番北と面積が最大の盆地であり、高さは約拔海380メートルから700メートルの間です。

國道六號脊背橋-P

埔里鎮の東面と東北面は仁愛鄉、南面は魚池鄉、西面と西北面から台中までの距離は58キロメートル、東へ23キロメートルに離れている霧社があり、南へ日月潭まで約17キロメートルです。

埔里鎮の地形は、典型的な陥没盆地に属されており、四方に山の群れが起伏で囲まれ、中央は平坦で、谷間の間に星形のように放射し、全鎮の面積は162.227平方キロメートルがあり、その中に丘陵地は約120平方キロメートルがあり、埔里の総面積の74%を占めており、平らな盆地は約42平方キロメートルがあり、約総面積の26%を占めています。

025-1_調整大小埔里鎮周りの主要な山脈、東に西塔山、南に白葉山、西に観音山、北に三角嶺、東北には、関刀山があります。関刀山は埔里の周りの最高な山脈であり、標高は1,924のメートルに達しています。
埔里盆地は高低が不一致の隆起した川の階段のような地形から構成されており、水の資源は、とても豊富であり、北に眉溪、南に南港溪があって、二つの川が盆地を貫いて観音山の下に合流し、すべて烏渓上流の支流に属されています。
盆地の周辺に觀音、彩蝶、水上、能高等滝があって、また鯉魚潭、馬璘窟などの湖もあります。ここの最も重要な水源になって、無数な生命と生命力を孕んでおり、なお人類の生活を豊かに成らせます。
top